【学習法インストラクション⑧】日本文化は日本語のソフトウエア

語学は単にコミュニケーションの道具です。テレビに放送番組がなければ、ただの箱であるように、何の役にもなりません。日本語も話す内容がなければ、使い道は限られてしまいます。日本語学習者が語学と共に学びたいのは、日本の習慣や日本人の考え方、日本についての常識などです。スーパー日本語講座のもう一つ柱は、日本の知識も教えることです。

日本には独自の文化があり、外国人、特に欧米人は戸惑います。しかし、本当の問題は日本人さえもそれらについての知識が乏しく、教えることができないことです。スーパー日本語レッスンで教えるのは、教授が「君たちは、これ知っているか」といわんばかりの、自らの知識を誇示するような、はっきり言えば普通人にはあまり必要のないものではありません。

政治、経済、地理、歴史、社会、文化などあらゆる面で、多くの日本人が知っていることです。たとえば、箱根、織田信長、生け花などの名前を聞かれて、何のことかわからなければ少し恥ずかしいでしょう。いわば、運転免許証を取る際に習う法規のようなもので、外国人に聞かれても困らない程度の知識です。

しかし、スーパー日本語講師として少しは説明できる程度の知識は身につけられるように学習していただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です