【学習法インストラクション⑤】英単語は日本語の音声で発音される

たくさんの英語が日本語として使われていますが、そのままではなく日本語の音声で発音されます。日本語は母音と、子音と母音を組み合わされた音のみです。子音単独の音はありません。たとえば、street。日本語ではsのあとにuを、tの後にoを加えて発音します。つまり、子音の後に任意の母音をつけて補って日本語的発音にしています。

日本語の知識のない外国人に「ストリート」といっても、すぐには理解されないでしょう。まず、英単語の子音に任意の母音(その多くはuとo)をつけると日本語として通じることを教えます。英単語を日本語的に発音するだけで通じることを知り、驚き興味をもちます。そして、面白がって使いたがります。

日本では、英単語を日本的に発音するだけでコミュニケーションできることを教えることが、日本語教育の第一歩となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です