【初回レッスン①】まずは自己紹介

スーパー日本語講師になられて、実践でどのように教えたらよいのかのご案内です。

初回のレッスン (服装は、自由ですが清楚で威厳を保てるものをおすすめします)。

最初は簡単に講師の自己紹介(名前、出身地、趣味など)してください。基本的には日本語でゆっくり話します。一区切りごとに「わかりましたか」(understand?)と言って確認してください。

生徒に日本語で、自己紹介させ、生徒の日本語レベルや日本語を学ぶ理由を理解してください。その際にお互いが親しみをもてるように、国籍や居住地、家族、趣味などを聞くのも良いでしょう。しかし、年齢とかプライバシーについて聞くのはタブーです。

相手の理解度の不足に応じて、英語で補います。日本語学習が主体なので英語はブロークンでも構いませんが、肝心な用語の英語は覚えて置いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です