スーパーJコーチ養成講座 第一期生受講レポート(第21回講座)

「第一期生  第21回講座」シーン別会話の練習 7月29日

今回は余暇の楽しみ方でした。人気の一つのカラオケについては、受講生はから国により楽しみ方が異なる,また、日本の夏の風物詩といわれる花火は、夏に行われるとは限らないとの意見がありました。スーパー日本語レッスンは、先生が教えるのではなく、生徒に実用的な題材を提供し、異文化を語りながら、日本文化と日本語を学べる環境をつくること信じていますが、受講生も同感とのことです。

その一つとして講師にまんがテキストの活用をすべきとの意見もありました。まんがは面白いだけでなく、関連する日本文化の背景を議論することが大いに役立つとの評価でした。

日本観光についても、入れ墨での温泉入店禁止、部屋で食事の旅館など日本の文化は生徒にとっても知りたい情報と受講者は言います。また、食事についてもさまざまな意見がありました。これらを生徒にどのように解釈させるかのトレーニングも実施しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です