スーパーJコーチ養成講座 第一期生受講レポート(第7回講座)

「第一期生 第7回講座」イマジネーションの練習 6月6日

今週から学校のイメージを活用して、色や形、模様、方向、位置などの教え方を学習しています。受講者は、記憶術をすっかりマスターしたようで、自分が記憶したイメージを、みんなの前でスラスラと発表できるようになりました。それはイラストにも見受けられます(落書帳を参照)。また、教える意欲がわいているのを感じます。

記憶術の核となるMAMA(物を記憶しやすいように日本語の音を動物などに変換したもの)を自分が好きなように変えてよいかとの質問がありました。

MAMAリストの一部

MAMAは漢字学習にも応用されますので、講師は現状のままのものを使用して教えることをすすめます。生徒は初期の段階で自由に変えても構いませんが、変更したものを途中で変えると混乱を起こす原因となります。講師はその点をしっかり生徒に伝える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です