コロナで見えてくる 生き残る「日本語コーチ像」

新型コロナウイルスが世界規模で拡大を続ける中、人の移動やコミュニケーションの方法がますます制限されていますね。この週末は東京都をはじめとする首都圏で外出自粛要請が出ました。今後も厳しい状態が続くことが予想されます。

開催しています。例えばAさんはご自宅からオンラインで、Bさんは渋谷のスタジオで、Cさんは出先からオンラインで、という具合です。先週には、ほとんどの方がオンラインでのご参加に切り替えられました。受講生のみなさんの変化に対する素早い対応に脱帽です!

オンラインだと安全が保たれ、移動の時間も節約。「安全性」と「利便性」、そして「効率性」をリアルに実感。

はじめはコーチ陣、受講者のみなさん共に多少あたふたする場面もありましたが、2回目からは慣れてきて、安全性が保たれることはもとより、移動の時間も労力も節約できるし、便利さの面をより実感するようになりました。

少人数の設定が功を奏し、オンラインオフライン混合型の講座でも、今まで同様、インタラクティブに意見を交換しながら行っています。

最初に「コミュニケーションの制限」と書きましたが、これは制限というより、むしろインターネットが提供できる「コミュニケーションの機会の拡大」ですよね!

昔々人々は、『教科書を持って学校に行ってみんなで学んでいました。』10年後は、既に昔話に!?

インターネットは、学習の方法を大きく変えました。何かを学びに教室という物理的な「場所」に行く、ということはますます少なくなるのでしょうね。そのうちに、「10年前は、紙の教科書っていうのを持って、学校っていう場所までわざわざ行って言葉を習ってたんだって。」などと言う日が来るのかもしれません(汗)

実際に、修了生たちが活躍している登録校でも普段から既に8割以上がオンライン受講になっているそうです。そして今はコロナで100%になっているとのことでした。

Super-J養成講座は「教え方」ではなく「生徒の学び方」を学ぶ講座です。「学ぶ」方法が変わりつつある今、自分の「好み」「得意分野」にしがみつくことは、仕事への「制限」をかけてしまうこともなります。今のこの厳しい状況も、世の中の変化、生徒さんのニーズに応えながら自分も成長する、そんなSuper-Jならではの職業観を試すいい機会と捉えます。

4月からは、準備を進めてきたオンラインプライベート養成講座がいよいよスタートします!
引き続きブログで様子を伝えていきますね。

コーチ Mayumi. I



Leave a Reply