スーパーJ養成講座42時間 vs 日本語教師養成講座420時間

私は日本語教師養成講座の420時間を受けた後、42時間を受けました。先に42時間と出会っていれば、時間を節約できたのに!!こんなに楽しく日本語を教えられるメソッドがあったなんて!! 今となっては、いろんなことが悔やまれます(> <) 書きたいことはいろいろありますが、先ずは10の違いをまとめてみました。みなさんの参考になれば幸いです。

<10の違い>

スーパーJ養成講座42時間  

  1. 生徒中心(生徒の学びやすさ重視)
  2. 英語を有効活用する
  3. 会話、対話、議論中心
  4. 実用的な内容
  5. インタラクティブ(動的)
  6. 最短3ヶ月(1日2コマ×週2)でコーチデビュー
  7. 常に変化 & 進化
  8. オンライン授業対応重視
  9. 現場視点(シンプル)   
  10. レッスンを想定した演習型

日本語教師養成講座420時間

  1. 教師中心(教師の教えやすさ重視)
  2. 原則英語使用禁止
  3. 文法中心
  4. 国語的な内容
  5. 講義的(静的)
  6. 最短9カ月(1日2コマ×週4~5日)で修了
  7. 昔から変わらず停止状態
  8. 集団アナログ授業重視
  9. 学者視点(複雑)
  10. 試験合格への知識詰め込み型

イメージ的には、Super-Jと420時間では、「5Gスマホ」と「ガラケー」のような違いを感じています。

5Gとガラケー、どちらを選ぶかは、あなた次第! コーチ:R. Yamana

Leave a Reply