養成講座終了後に実施いたします。

[評価基準]

講師として求められる教育技能と日本に関する知識が問われます。 下記の二つのテストにパスするとスーパー日本語講師に認定されます。

実技技能テスト(日本語道場)

  1. 学習者の英語の知識を活用し、英語と日本語で教えられる。
  2. 幼児が日常生活で必要な単語から覚える原理を活用できる。
  3. 異常な出来事は忘れられない。その原理を応用した記憶術を活用できる。
  4. パソコンで正しく日本語に変換できるアルファベット文字を教えられる。

日本文化理解度テスト(J-CLUE)

  1. 「言語と日本人」、「日常生活」、「文化と社会」、「経済と政治」、「地理と歴史」に関する一般的な知識。
  2. 日本の生活や慣習などに関する一般知識(常識)。

>>J-CLUEサンプルテスト

[公認教材]

  • ~Outing~ 外出の日本語 [行く・買う・食べる]
  • ~Settling~ 生活の日本語 [住む・働く・付き合う]
  • ~Encounters~ 出来事の日本語 [出会う・動作・緊急]
  • ~Ellements~ 日本語の要素 [数字・日にち・外見]
  • ~Script Starter~ グローマ字、ひらがな、カタカナ、漢字
  • ~Sentence Building~ (文法はカジュアル会話から学ぶ)
  • ~Exploring JAPANese~ まんが日本語探索
  • ~Workout Series~ (日本史の人物やジャパン・ウオッチングなど楽しく学ぶ日本事情)
  • 月刊Hiragana Times (日本と日本語の知識が学べるJAPANese Text magazine)

認定証

合格者には「スーパーJ日本語講師認定証」を授与し、当会で日本語講師業務をサポートいたします。

認定証のサンプル