養成講座終了後に国際日本語コーチ認定試験を実施いたします。

[評価基準]

コーチとして求められる教育技能と日本に関する知識が問われます。 下記の3つを総合して、一定の点数を得た受講生が認定されます。認定されなかった方は、認定保留となり、課題が克服された時点で認定されます。

レッスンでの評価

  1. 学習者の英語の知識を活用し、英語と日本語で教えられる。
  2. 日常生活で必要な単語から覚える原理を活用できる。
  3. 異常な出来事は忘れられない。その原理を応用した記憶術を活用できる。
  4. パソコンで正しく日本語に変換できるアルファベット文字を教えられる。

模擬実技

  1. レッスンの教え方を自身でアレンジしたビデオの提出(2回)
  2. 外国人の日本語学習者への実技(数名)

日本文化理解度テスト(J-CLUE)

  1. 「言語と日本人」、「日常生活」、「文化と社会」、「経済と政治」、「地理と歴史」に関する一般的な知識。
  2. 日本の生活や慣習などに関する一般知識(常識)。

>>J-CLUEサンプルテスト

認定証

一定の成績以上の方には「国際日本語コーチ認定証」を授与し、当会で日本語コーチ業務をサポートいたします。